So-net無料ブログ作成

夢小説 鍵師  <2周年記念> [夢小説]


ある街の路地裏に、小さな店があった。

木造の見るからに貧相な小屋で、入り口の上に「鍵」の一文字。

中に入ると、テーブルの上に奇妙な形をした、得体の知れない塊が幾つも雑然と並べられている。

看板の名にそぐわず、鍵らしきものは見当たらない。

続きを読む


nice!(21)  コメント(36) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

夢小説 埋蔵金 [夢小説]


「これでぇッ、最後にぃッ、なるのかなっ!!」

 

男はとある山村にある横穴で、ツルハシを振り下ろす。

その言葉には二つの意味があった、

一つは黄金の小判の詰まった宝箱を掘り当てること。

もう一つは思い浮かべたくもないこと。

続きを読む


nice!(15)  コメント(19) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

夢小説 あるテレビマンの生涯 [夢小説]

 

幼いころから思っていた。

この不思議な話は、誰も信じてくれないが。

続きを読む


nice!(11)  コメント(22) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

夢小説 瞼の下の実験 [夢小説]

 


冷戦下のアメリカ。ソビエトとの核開発競争は熾烈を極めた。

壁を築き、自分の身や弱みを懸命に隠しながらも、

相手のことに限っては、特に弱みを見つけ出そうと必死になる。

相手を見失うことも許されず、近づきすぎれば我が身が危険な、恐怖の両想い。

両国は互いに、相手の見えない場所から致命的な一撃を加える機会を得ようと、策を巡らせた。

そこで核ミサイルや原子力潜水艦が考えられた。

だが目に見え、音が聞こえるのには変わりなく、運用は難しい。

 

そこで、ある実験が行われることになった。

続きを読む


nice!(13)  コメント(21) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

夢小説 欲望の遺伝子 [夢小説]

 

政府は急増する犯罪に頭を悩ませていた。 

新聞は毎日、おどろおどろしい文字を並べ、刑務所はどこもパンク寸前。

人々は恐怖と不安に震えていた。

 

そこで、政府は画期的な策を打ち出した。

続きを読む


nice!(15)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢小説 王墓の完成 [夢小説]



ある大陸に大きな砂漠があった。

毎年乾燥が続き、砂漠は広がっていく一方だった。

周辺の村は砂に埋もれ続け、人々は昔から、やむなく家や田畑を捨て続けてきた。

周辺の村の人々には、こんな伝説が伝えられていた。

続きを読む


nice!(14)  コメント(16) 

夢小説 水滴 [夢小説]



その男は大きな商社に勤め、出張で頻繁に世界中を飛び回っていた。

だがその座席はエコノミークラスがもっぱらで、地位も低く、

低い収入に見合わず、身も心も疲れ果てていた。

入社当時の、燃え滾るような意欲は、もう失っていた。

明日も朝一番で、地球の裏側に行かなければならない。

会社の昼休み、男は近所の公園のベンチで、ボンヤリと宙を見ていた。



続きを読む


nice!(15)  コメント(17)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

夢小説 機械化皇帝 [夢小説]



工業化著しくとも、まだ成熟に至っていない近代。

ある国では未だに古くから続く皇帝の血族が権力の全てを握っていた。

続きを読む


nice!(11)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢小説 視界の隅に [夢小説]



男は「ああー、眠い。」と、うめいて食卓に座ると、

体を捻り持ってきた新聞を読み始めた。

向かいに座る、彼の妻と息子には、起きてから目を合わせようともしない。

湯気の立つ味噌汁とご飯が彼の妻によってよそられるが、

男は相変わらず新聞から目を離さない。

続きを読む


nice!(13)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢小説 神の柱 [夢小説]



男は今日もいつもの朝のテレビを注視していた。

「今日、山羊座のあなたの運勢は絶好調!
 
 身近で意外な場所に幸運が隠れています。
 
 注意して探してみて!

 ラッキーカラーはグレー……。」

「よしっ!!」男は手を叩いて叫んだ。

続きを読む


nice!(13)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

夢日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。