So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

現日記 moon beams [現(ウツツ)日記]

お久しぶりです。

友人と作っているエフェクター(ギターの音を歪ませる装置)のケースにデザインとして描いた絵です。

エフェクターに絵などデザインするのが流行っているようです。

物作りは楽しいです。


moon beams.jpg
タグ:絵画
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

2017 謹賀新年 [特別企画]

2017年賀 そらとうみの対話.jpg



あけましておめでとうございます。

すっかり年賀状を掲載し続けるblogとなっておりますが、
それなりに、面白おかしく生きています。

毎日が夢のように過ぎていきます。
友人、親戚、家庭を持ち、もう子供ができて、もう3歳になっていて、
どこか実感を伴って感じられないことに、歯がゆさを感じることも多いですが、
そういう知らせにホッとさせられます。

昔の記事をたまに見て、そのコメント欄での皆さんとのふれ合いに、
胸が苦しくなるような、笑みがこぼれるような不思議な気分。

それが昔の夢のようでも、確かに僕は、見て、居たんです。






2016 謹賀新年 [特別企画]



2016年賀 は る.jpg


DSCF2817.JPG

あけまして おめでとうございます。
今年も無事新年を迎えることができました。


2015 謹賀新年 [特別企画]

2015年賀 明日へ.jpg


皆様あけましておめでとうございます。

相変わらず年1回の更新になってしまっています。

「路地裏の店主、なんとか生きてるよ」という大して価値もない情報をご提供します。


昨年は良くも悪くも色々なことに翻弄された一年でした。

路地裏に潜んでいても世界は放っておいてくれない・・・ でいてくれるんだな。



快晴、早朝、冬の香り、まだ夢の中にいるのかな。

朝日はまだ昇らないでいてほしい。 その空は、どんな色?




nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2014 謹賀新年 [特別企画]


2014年賀 結.jpg


あけましておめでとうございます。

去年は「衰退やむなし!それなりの幸せを!」と

「新しいワクワクすることも始まってるよ!諦めるな!」が

せめぎ合ったような気分を世相に重ねて感じていた一年でした。

路地裏から表通りの喧噪と光を感じつつなんとか生きております。

皆様の一年が新しいピカピカの幸せに包まれますように!


2013 謹賀新年 [特別企画]


2013年賀 ムクムクとクネクネ.jpg

遅くなりましたが年初のご挨拶です。

2013と書いてみて、何とも座りの悪い落ち着きのない数字だなぁとボンヤリ考えていました。

0から3まで全ての数字が入っているのに。

底に淀むような安定より、舞い散る不安定の方がいいとの私の願望も入っているのかもしれません。


0,1,2,3と、とにもかくにも、簡単なことを順番通りやるのは大事なのでしょう。

なので、本日、遅くはなりましたが、ひとまず更新です。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢日記 罰ゲーム [夢日記]


こんな夢を見た。




僕はしがない芸人。今日も鷲鼻を付けてステージに登場し、

「こんにちわんこそば!」とつまらない駄洒落を飛ばす。

こんなんで笑ってくれる客が神様に見える。




ステージを降りた後、突然、幼い頃時々遊んでいたAさんから電話。

「じゅん君の男気を見せて!」と言われる。

何のことかと戸惑うが、こう推測する。

つまり彼女は僕が彼女に以前から惹かれていることを知っていて、

僕に告白させたいのだろう。

恥ずかしいのか、遠回しな表現になってしまっている。




僕はAさんに会うことにする。

Aさんの運転する車。僕はなぜだか後部座席に座っている。僕には免許がない。

Aさんと僕の地元の町を流しながら思い出話。

随分恥ずかしいことを言った気がする。




気づくと、運転席と後部座席は電車の前後車両に変わっており、

彼女の乗った車両と僕の乗った車両が、切り離される。

僕の乗った車両はペースダウンし、ポイントが切り替えられ彼女と僕は別々の線路に。

彼女と僕の恋は終わったのだ。




僕の乗った車両はジェットコースターのように急上昇し高台の駅へ、

様子がおかしい。

松本人志が登場し「どっきりでした!!」

つまりAさんもグルで、僕の恥ずかしい語りは全部テレビで全国放送されていたのだ。

これは恥ずかしい。だが仕事だから仕方ない。

松本人志「罰ゲーム!!」



僕は顔の所だけが開いたボード越しにマイケル富岡と向き合わされ、

松本人志「笑った方が負け!!」

ただのにらめっこではない、喋ってもいいもので、しかも垂直落下しながら。

凄いセットを用意したものだ。

僕は垂直落下中も堪えて変顔を連発し、ジョークを飛ばす。

マイケル富岡はついに笑ってしまう。

ところが松本人志、

「客があないに笑うほど面白かったか?じゅん君寒いので負け!!」

理不尽だと考えてはいけない。芸人だから。



松本人志「罰ゲーム!!」




僕は芸人仲間の森本(架空の芸人)と一緒に別の部屋に連れて行かれ、

裸になって鎖につながれ犬の状態。

しかもその部屋は冷凍室なのだ。

寒いので冷凍室と言うことなのか。

これは辛い。

長い収録、寒いしお腹はすくし。我々芸人に楽な仕事はない。



そのとき、部屋の片隅から熱々のラーメンが出される。

鎖の可動範囲から言って、森本は届くが僕は届かない。

森本は喜び勇んでラーメンを取りに行く。

僕に食べているところを見せびらかせようとしたのか、目の前で食べたのが運の尽き。

僕は森本の乳首をつねったり、尻をひっぱたいたりする。

森本はマゾの気があることを僕は知っているのだ。

森本が悶え転がっている隙に僕はラーメンを食べる。

森本が正気に戻って僕からラーメンを奪おうとするが、そのたびに制裁を加える。





収録が終わったが、まだ僕らは冷凍室の中。

防寒具を着込んだカメラマンはいそいそと出て行ったが、

スタッフがやってきて鎖を解いてくれるわけでもない。

「早くしてくれー」などと弱音を吐きつつスタッフを待つが、

一向に現われる様子はない。

静まりかえる冷凍室、何だか嫌な予感がしてきた。




森本はのんびりした性格のため、困惑しつつも慌てた様子はないが、

僕は恐怖のため怒鳴り声でスタッフを呼んだり、

鎖の届く範囲の壁を叩いて回ったり、

鎖を床に叩きつけて音を鳴らしたり、必死に自分たちの存在をアピールする。

涙目になろうにも涙は凍り付いてしまう。





その時不意に、冷凍室のドアの鍵がガチャリと外される音がして、

ドアが開く。

松本人志が現われ「どっきりでした!!」

ホッと胸をなで下ろすが、松本の非情の一言。



「じゅん君うるさかったのでダメー」

「罰ゲーム!!」



なんだかループしている気がする。

次は何をさせられるのか?何をしても罰ゲームなのだ。

永遠に罰ゲーム。人生は罰ゲームなのだ。

理不尽だと考えてはいけない。芸人だから。





僕の脳裏に、お正月だというのに、

目を充血させながら声を枯らして強がっている、芸人達の姿が浮かんだ。





そこで目が覚めた。











ハミダシ

大晦日に某お笑い番組を見たせいか、

こんな夢を見てしまいました。

罰ゲームでしょうか。




タグ:お笑い 芸人
nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

2012 謹賀新年 [特別企画]


2012年賀 古典.jpg
2012年賀 水底d.jpg



去年は日本が大変な年になってしまいましたが、僕は何とか元気で生きております。

時間の体感は年々スピードを増しているので、

せめて日々を丁寧に味わって生きたい。



去年の店主、ウサギとカメのウサギになりたいと申しましたが、

実際は不真面目なカメでした。

昼寝を決め込もうとゴロリ横になったら裏返って戻れなくなり

ジタバタするほど事態は悪化するので、

ゆっくり重心を変えて起き上がるしかありません

少しずつ自分が治っていくのは実に気分がいい。



去年は地デジの工事や家具改造など

DIY的に忙しい一年になり、

ついにソネットも年一回の更新になってしまいました。

今年はぼちぼち、このblogの原点でもある夢日記でも書こうかなと思ってます。

  (年賀状は全て兄の絵で2パターン制作しました。)



皆様にとって良い一年になりますように。


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011 謹賀新年 [特別企画]

2011年賀-叫び-2-b.jpg

オリジナルは重厚で陰鬱な感じで、もちろんそれが印象に強く残る名画。

正月なのでカラフルでおめでたい感じにしたかったのです。

ところが、出来上がってみるとサイケデリックになっただけでした(笑)

路地裏的ユーモアと捉えていただければ嬉しく思います。



寓話「ウサギとカメ」では、昼寝をしているウサギを横目に最後は堅実なカメが勝つ。

正しきものがいつも正しく、それがあなたにもワタシにも正解な時代では間違いないが、

この混沌とした時代では、堅実な一歩より無謀な跳躍に今のところ共感している。



特に世界が平面でなく、球面だと実感する現代。

その球面上を走り回り、ゴールの旗だと思ったらスタートだったり、

ゴールもルートも無数にあったりで、

どちらが勝ったとか負けたとか、気づいたら、わからなくなっている。

もしかしたら、そんなこと意味がないのかもしれない。



真面目なカメさんは、本当のゴールを見失い、コースに迷い、それでも進むのを止められず、

やがて疲れ果てて、心を病んでしまうかもしれない。



こんなときウサギさん、昼寝でも決め込んでゴロリと仰向けに寝転んだら、

月にいる仲間が餅をついているのが見えて、

「走るのは飽きた。餅つきでもしてみようかなぁ。」

となるのが、ウサギさんの強さなのかもしれない。



気まぐれに跳び回ったり、昼寝したりしながら、その時その時、

少しでも居心地のいい場所を探して、いつも柔らかく朗らかで居たいと思う。



当blogにおいても店主、茂みの中いつも昼寝状態なのですが、

時折耳だけ出して、様子を伺ったりもしているのです。



こんなことを書きましたが、カメさんを悪く言うつもりはないんです。

何かこれという、目指すものがハッキリしたら、

堅実なカメの歩みに勝るものはないと思う。


日曜大工など作業をしていていつも思います。

用意周到準備して、できる限り慎重にして、

初めて、100点じゃない、80点のものができる。


blogの更新は、勤勉なカメの更新でいけるといいけどなぁ。


お口直しに、我が家族の年賀状も貼っておきます。

あけまして、おめでとうございます。


2011年賀-微風-h.jpg

タグ:正月 叫び 卯年
nice!(13)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

現日記 ファンコントローラーの製作 [現(ウツツ)日記]

PCの冷却用としてファン(送風機)があり、

必要に応じて、風量(ファンの回転数)を調節する製品として、

ファンコントローラーがあります。


僕の場合、深夜のテレビ録画で起動する場合や、

メンテナンスで終夜PCを動作させることが多々あるのですが、

こういう場合、寝室に置いているPCの音、特にファンの騒音が気になります。


逆に真夏日や、負荷の大きな処理をPCにさせている場合は、

騒音がしても大風量で冷却したほうが安心です。


このような製品は高性能の物が安価で手に入るのですが、


路地裏的には、

○光ったり派手なファンコンが多いので、シンプルな物が欲しい

○趣味の電子回路製作の習作として


自作と相成りました。





fancon-2.jpg

fancon-1.jpg


回路は簡単です。故障した家電から

ヒートシンク(銀の放熱板)を流用したり、ローコスト。

真ん中のボリュームで吸気ファン、排気ファン、二つのファンを調節できます。

左のスイッチでファンの電源を完全に切ることが出来ます。



これをPCに組み込むとこうなります。


fancon-3.jpg

見栄えがよろしくないので後でプラスチックのカバーでも付けると良いですね。





以下はボリュームを最小に絞った時の回転数。


fandata-s.jpg


1分あたり500回転位です。騒音はあまり気になりません。




ボリュームを最大にした時

fandata-l.jpg

1分あたり1200回転位です。流石にブォォォと盛大な音を出します。



スイッチで切ってしまうことも出来ます。

fandata-0.jpg


冬で低負荷なら大丈夫だと思います。



今後の予定としては、CPUのファンもコントロールできるように

もう一系統作ろうと思います。






ハミダシ
雪が降ったりおかしな気候ですね。
空にもファンコンつけたらいいかもしれないw
ちょっと今回はマニアックな内容になってしまいました。
ごめんなさいね~



タグ:PC DIY
前の10件 | -

夢日記